若者正社員チャレンジ事業の利用メリットとデメリットを解説しました

就職エージェント

若者正社員チャレンジ事業ってどんなサービスなのか気になりますよね?

そんな職歴なしのあなたに、利用メリットとデメリットを交えてサービス内容を解説します。

若者正社員チャレンジ事業ってどんなサービス?

セミナーと企業内実習がセットになった無料の正社員就職支援サービスです。アデコとパーソルテンプスタッフが公益財団法人東京しごと財団(東京都)から委託を受けて運営しています。応募資格は年齢が29歳以下で、一度も働いたことが無い人、非正規雇用者、正社員歴がある人は直近2年以内で合計1年未満の人に限定されています。

セミナーはパーソルテンプスタッフが九段下、アデコは新宿で行っています。実習は都内の中小企業で行っています。

内容はパーソルテンプスタッフもアデコも、カウンセリングを行います。次に事前セミナーが2日間ほどあり、合同企業説明会で実習先企業と交流(アデコは会社見学もあり)をしながらの実習先の選定をします。実習前にも2日間のセミナーを行ってから、20日間ほどの企業内実習を行います。終了したらハローワーク飯田橋U-35を通じて、実習先を含めた企業に求人応募します。

若者正社員チャレンジ事業の5つのメリット

若者正社員チャレンジ事業のメリットを5つにまとめました。

29歳以下の一度も働いたことが無い人を歓迎

若者正社員チャレンジ事業の応募資格は29歳以下の他に、一度も働いたことが無い人や非正規雇用者などと記載されているので、職歴なしからでも正社員就職を目指して参加できます。

実習で自分に合った職場かどうかが分かる

普通に求人応募しても、職場環境・労働環境を知ることはできません。しかし、若者正社員チャレンジ事業では約20日間の実習をすることができるので、自分に合った職場かどうかを肌で感じることができます。

正社員就職を目指せる

パーソルテンプスタッフも、アデコも若年求職者を正社員として雇用する意思のある企業の求人を多く保有しています。そのため、正社員就職を目指すことができます。パーソルテンプスタッフのデータでは約73%の人が正社員就職をしています。(平成26~29年度のデータ)

人柄や仕事に対する意欲を評価してくれる

実習の受け入れ先はあなたの人柄や仕事に対する意欲を評価してくれる企業ばかりです。そのため、実習修了後に面接など選考はありますが、実習での働きぶりに評価の重きを置いているので、実習は積極的に取り組みましょう。

専任のアドバイザーがサポートしてくれる

実習中は専任のアドバイザーがあなたをサポートしてくれます。実習先選びのアドバイスや実習中の悩み相談、応募書類添削や面接対策の指導などあらゆることをしてくれます。

若者正社員チャレンジ事業の登録前の注意点・デメリット

若者正社員チャレンジ事業を利用する前に注意点を確認しておきましょう。

29歳以下限定のプログラム

利用対象の年齢が29歳以下に限定されています。そのため、30代以上の人は利用することができません。若者正社員チャレンジ事業のような非正規から正社員を目指すプログラムは他にもあるので、そちらを利用しましょう。例えば、30~44歳まで対象の就活エクスプレス、Jobトライ、東京しごと塾です。東京しごとセンターでも、ミドルコーナー、シニアコーナーで就職支援を行っているので利用しましょう。

実習期間中のアルバイトは辞めた方が良い

実習そのものは日中に行われるので、夜にアルバイトが出来そうに思えますが、働き過ぎは翌日に影響が出るので辞めた方が良いです。参加にあたっては予め貯金をしておいて、実習期間中の生活が困らないようにしておきましょう。

希望の実習先になるとは限りません

パーソルテンプスタッフでは100社の求人、アデコでは1回の説明会で8~10社の求人があります。パーソルテンプスタッフでは担当アドバイザーと相談して決めますが、希望が通るとは限りません。アデコも出来る限り調整はしてくれますが、希望の実習先になるとは限りません。

参加費は無料だが、交通費は自己負担

若者正社員チャレンジ事業の参加費は一切かかりません。しかし、カウンセリング、セミナー、実習先への移動にかかる交通費は自己負担となります。

若者正社員チャレンジ事業 Q&A

Q&A形式で若者正社員チャレンジ事業についてよくある質問とその答えをまとめました。

どれくらいの期間で就職が決まる人が多いですか?

パーソルテンプスタッフのデータでは約41%の人が2ヶ月間で就職を決めています。半年以上かかる人もいますが、約90%の人が半年以内に決まっています。アデコでも最低2ヶ月はかかります。

応募資格に該当する人の中でもどんな人が多いですか?

パーソルテンプスタッフのデータではアルバイトや派遣など非正規雇用の経験のある人が約60%を占めていてもっと多いです。その他は、就職・就業を一度もしたことが無い人は10%、正社員経験のある人が30%となっています。

学生や正社員在職中の人は参加できますか?

参加できません。東京しごとセンターのヤングコーナーでサポートしてくれるので、そちらを利用しましょう。

大企業の求人はありますか?

ありません。若者正社員チャレンジ事業の企業側の条件が、都内に活動拠点のある300人以下の企業となっているので、求人の全てが中小企業になります。

これまでにどれくらいの人が就職しているのですか?

パーソルテンプスタッフのデータでは4年間の間に1,000名の人が就職をしています。

若者正社員チャレンジ事業に参加する方法

若者正社員チャレンジ事業の公式ページにアクセスして、パーソルテンプスタッフはWEB登録、アデコは説明会の申込みをします。

パーソルテンプスタッフの入力内容は、参加条件のチェック、お名前、フリガナ、生年月日・年齢、電話番号、メールアドレス、お問い合わせ内容(任意)で、入力を終えたら「送信内容を確認する」のボタンをクリックして、問題が無ければ再度ボタンをクリックして登録完了です。登録後は担当者から電話(03-5211-2871)がかかってくるので出ましょう。

若者正社員チャレンジ事業(パーソルテンプスタッフ)公式ページ

アデコの入力内容は、お名前、ふりがな、ご連絡先電話番号、メールアドレス、ご年齢、説明会参加ご希望日、その他ご質問・お問い合わせなどで、入力を終えたら「プライバシーポリシーに同意する」にチェックを入れて「入力内容を確認する」のボタンをクリックします。問題が無ければ再びボタンをクリックして申込み完了です。

若者正社員チャレンジ事業(アデコ)公式ページ