マイナビジョブ20’sの利用メリットとデメリットを解説しました

就職エージェント

マイナビジョブ20’sってどんな就職エージェントなのか気になりますよね?

そんな職歴なしのあなたに、利用メリットとデメリットを交えてサービス内容を解説します。

マイナビジョブ20’sってどんなサービス?

マイナビジョブ20’sは20代・第二新卒・既卒向けの就職エージェントで、マイナビワークスが運営しています。社会人経験3年以内の20代が登録者の85%を占めていて、卒業後3年を超える未就職者の利用もできます。また、卒業後3年未満の未就職者は3~5月限定のマイナビジョブ20’sアドバンスを利用することになります。

マイナビジョブ20’sの面談拠点は東京、名古屋、大阪の3ヶ所にあります。東京本社は新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー26階、名古屋支社は名古屋市中村区名駅4-7-1 ミッドランドスクエア9F、大阪支社は大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪タワーA 31階にあります。

マイナビジョブ20’sの主な特徴は、適性診断を用いたキャリアカウンセリングです。その情報を元に、20代を対象としていて約半数が業種・職種が未経験でもOKな1,500件以上の中から求人を紹介してくれます。

マイナビジョブ20’sの5つのメリット

マイナビジョブ20’sのメリットを5つにまとめました。

卒業後3年以上の20代の既卒未就職者にも対応

マイナビジョブ20’sでは、卒業後3年以上の20代の既卒未就職者にも対応しています。卒業後3年未満の既卒未就業者(当該卒業年度を含んだ3年間)は3~5月限定のマイナビジョブ20’sアドバンスで対応をしています。

企業選びや面接対策の参考にもなる適性診断を受けられる

マイナビジョブ20’sでは、世界中で利用されている信頼性の高い適性診断を受けることができます。自分で自己分析をする必要が無く、簡単に自分の強み・弱みが分かります。企業選びだけでなく面接対策としても使えます。

キャリアアドバイザーがマンツーマンでアドバイス

専任のキャリアアドバイザーがマンツーマンでアドバイスをしてくれます。マイナビジョブ20’sという名称にあるように20代に特化していて、20代の転職・就職マーケットを熟知しているので、転職や就職活動の悩みを相談しやすいです。

選考対策は企業ごとにアドバイス

全て画一的な選考対策ではなく、企業ごとに書類の書き方指導・添削や面接対策のアドバイスをしてくれます。

1,500件以上の20代限定求人の中から紹介

マイナビジョブ20’sは20代に限定をして1,500件以上の求人を取り扱っています。特に、業種や職種が未経験でも応募可能な求人が約半分もあります。

マイナビジョブ20’sの登録前の注意点・デメリット

マイナビジョブ20’sを利用する前に注意点を確認しておきましょう。

既卒未就職者も対象だが、就業経験のある人がメイン

既卒未就職者もマイナビジョブ20’sを利用することができますが、働いたことのある20代・第二新卒を基本的にはターゲットとしています。そのため、紹介できる求人がタイミング次第ではなく、サポートが受けられない可能性もあります。

東京・名古屋・大阪でしか対面での面談を受けられない

マイナビジョブ20’sの面談対応拠点は東京、名古屋、大阪のみです。それ以外の地域で対面で面談を受けることはできません。しかし、来社が困難な地方在住者には電話やメールでのサポートも行っているので心配は入りません。

東名阪エリア以外の求人は少ない

マイナビジョブ20’sは全国の求人を扱っていますが、東名阪エリア以外の求人は少ないです。公式サイトで検索してみると、全求人が約1,800~19,00件ありますが、東名阪エリアの求人はほぼ同数あります。複数県で募集している企業があることを考慮しても、東名阪エリア以外の求人は少ないので、就職の機会は限られます。

マイナビジョブ20’s Q&A

Q&A形式でマイナビジョブ20’sについてよくある質問とその答えをまとめました。

なぜ東名阪エリア以外の求人が少ないのでしょうか?

複数の要因が考えられます。まず、運営会社のマイナビワークスの拠点は東京、名古屋、大阪以外では札幌、横浜、京都、神戸、福岡にありますが、大都市もしくはそれに隣接する県にしかなく、地方都市にはありません。次に、企業が拠点を置いている都市が大都市に集中していることも東名阪エリア以外の求人が少ない要因です。

なかなか面接に通過できませんが、落ちた理由を知ることはできますか?

できます。マイナビジョブ20’sでは不採用の理由をフィードバックしてくれるので、他社の面接に活かすことができます。

勤務地や職種など希望は通りやすいですか?

希望は考慮してくれますが、必ずしも希望が全て通るとは限りません。カウンセリングと適性診断の情報から適性があると思われる企業をピックアップして紹介していくれます。

就職に役立つセミナーはありますか?

あります。既卒・フリーターに限定したセミナーや、職種を限定したセミナー、書類選考、面接対策のセミナーなどが行われています。ただし、面談拠点のある東京、名古屋、大阪でしか開催されていません。

適性診断をするメリットは何ですか?

メリットは2つあります。1つ目は、あなたの強み・弱みなど傾向の把握ができることです。2つ目は、キャリアアドバイザーのアドバイスが主観的にならないことです。

マイナビジョブ20’sに登録する方法

マイナビジョブ20’sの公式サイトにアクセスして相談の申込みを行います。

登録の内容は、氏名、ふりがな、生年月日、性別、都道府県、携帯番号、連絡先メール、職務経歴(就業経験あり・なし)、学校名・学部・学科・専攻、卒業年・区分、転職希望時期です。

これらの情報を入力したらボタンをクリックして内容確認をします。入力ミスが無ければ再度ボタンをクリックして、申込み完了です。

マイナビジョブ20’s公式サイト