DYM就職の利用メリットとデメリットを解説

就職エージェント

DYM就職ってどんな就職エージェントなのか気になりますよね?

そんな職歴なしのあなたに、利用メリットとデメリットを交えてサービス内容を解説します。

DYM就職ってどんなサービス?

DYMが運営する既卒・フリーター・第二新卒向けの就職エージェントです。

別サービスでは新卒採用マッチングイベントMeets Companyや新卒個別紹介も行っていて若年層の就職支援に力を入れています。

取り扱っている求人はベンチャーから一部上場企業まで幅広くあります。

就職経験が無くフリーターのあなたでも完全無料で利用でき、アドバイザーが二人三脚でサポートしてくれます。

DYM就職の3つのメリット

DYM就職の利用メリットについて3つにまとめました。

ベンチャーから上場企業まで幅広い

DYMは人材事業以外にもWEB事業、医療事業、研修事業、エグゼパート事業、新規事業を行っていて、様々な業界の企業と取引があります。

企業規模もベンチャーから上場企業まで幅広くあり、あなたに合った企業を紹介してくれます。

相談した人の満足度が高い

利用者の満足度が高い要因はサポートがしっかりしていることに尽きます。

サポート面では面接からスタートするので当然模擬面接は力を入れてやります。

書類作成の指導もしますが、これは履歴書やエントリーシートを元に面接が行われるので、面接を想定した指導になります。

そして服装の指導も行います。印象は非常に大事で、どんなに中身が良くても見た目がよくないのでは意味がないからです。

サポート対応は全国

DYM就職の拠点は、東京、札幌、仙台、名古屋、京都、大阪、広島、福岡ですが、サポート自体は全国対応です。(オンライン対応可)

そのため、拠点外の地域の人でも利用できます。

DYM就職の登録前の注意点・デメリット

ここでDYM就職を利用する前の注意点も確認しておきましょう。

面接対策の指導は受け身でいてはいけない

書類選考対策もあって、面接対策も指導しれくれるからおんぶに抱っこという考えでは面接に失敗します。

自発的にどの部分が良くなかったのか、どうしたら良くなるのかアドバイザーに聞く勢いで相談をすれば大丈夫です。

DYM就職 Q&A

DYM就職のサービスで知りたいことについてQ&Aの形でまとめました。

どんな人が利用していますか?

大学在学中に就職活動をしたけど内定を得られないまま卒業しフリーター生活をしている人、3ヶ月で早期離職した人、3年間契約社員で働いていた人など様々な人が利用しています。

どの業界に強いですか?

IT・メディア、サービス、建設・不動産業界に強いです。

IT・メディア業界は全体の29%、サービス業界は25%、建設・不動産業界は19%を占めています。

その他にはメーカー、物流・運送、金融、飲食などの業界の求人を取り扱っています。

どの職種に強いですか?

営業職、エンジニア、販売・サービスに強いです。

その他に取り扱っている職種は企画・マーケティング、事務管理、クリエイティブなどがあります。

どんな感じの企業がありますか?

離職率が3%の企業や研修が充実している企業、経験が無くてもしっかりとサポートしれくれる企業などがあります。

DYM就職に登録する方法

DYM就職の公式サイトにアクセスして、エントリーフォームに入力します。

DYM就職公式サイト

入力する内容は氏名、連絡先、最終学歴、現在の状況、希望の面談場所です。最後に今すぐ無料登録するをクリックすれば登録完了です。

人気の記事 20代職歴なしにおすすめの就職エージェント8選

人気の記事 30代・40代職歴なしが取るべき就職方法