40代職歴なしが職業訓練で就職しやすい職種・しにくい職種

40代職歴なしの就職は非常に厳しいですが、不可能ではありません。

職業訓練は就職の可能性を高めるための一つの手段で、受講するコースによって就職のしやすい職種・しにくい職種があります。

そこで今回の記事では、40代職歴なしが職業訓練で就職しやすい職種・しにくい職種について解説しました。

スポンサーリンク

40代職歴なしが職業訓練で就職しにくい職種

以下に挙げる職種で、40代職歴なしが職業訓練を受けて就職ができないというわけではありません。している人はいます。

しかし、確率的に就職がしにくいので、おすすめはできません。

事務・パソコン

事務職は派遣に置き換わっていて、正社員として就職するのは困難です。(派遣としてはしやすい)

事務職がパソコンでするような仕事は今後、AIに取って代わられていくので、将来性は良くありません。

仕事を取ってくる職種ではないので、高給与は望めず、40代職歴なしから目指すだけのメリットはありません。

とはいえ、人には適性というものがあるので、事務職が自分に合っていると思うのであれば、職業訓練を受けるのは構いません。

Webデザイナー

Web系の仕事は求人がありますが、若い人を望む傾向があり、40代からだと就職できる確率は数パーセントくらいしかありません。

職業訓練校で学んでも、即戦力にはなれないので、給与の安いコーダーとしてなら、就職の可能性はありますが、今後の生活を考えると、それは厳しいです。

エンジニア

給与面でもWebデザイナーよりも高給与が望めます。

しかし、職業訓練の途中で挫折する人が多いです。

なぜなら、Webデザイナーよりも習得の難易度が上がるからです。

頭が冴える20代であればまだしも、40代だと頭の回転が遅くなるので、途中でやる気がなくなってしまいます。

途中で辞めるくらいだったら、最初から受講しない方が良いです。

40代職歴なしが職業訓練で就職しやすい職種

40代職歴なしが職業訓練をして就職しやすい職種は、人がやらない仕事、つまり不人気の仕事です。

介護

少子高齢化なので、介護の仕事は人手不足です。

介護が必要な人は増えているのに、それを支える介護職は非常に少ないです。

そのため、一人あたりの負担が大きく、仕事のきつさの割には給与がとても安いです。

だから、不人気です。それがゆえに就職はしやすいです。

いきなり介護施設への就活をしても良いですが、職業訓練では、介護のコースもあるので、受講して基礎知識を身につけてからの方がおすすめです。

40代職歴なしが職業訓練を受けるまでの手順

40代職歴なしが職業訓練を受けるまでの手順をまとめました。

現在仕事についているか

仕事についているかいないかで、受けられる職業訓練が異なります。

無職か雇用保険の受給がすでに終了している人は、求職者支援訓練を受けられます。

雇用保険を受給している人は、公共職業訓練(在職者訓練)、企業で働いている人は公共職業訓練を受けられます。

ハローワークに求職申込みする

職業訓練はハローワークに申込みをしないと受けられません。

お住まいの地域の住所を管轄するハローワークに行き、求職申し込みをします。

訓練コースの選択・受講申込みをする

職業相談と並行して、訓練コースの選択を行い、受講申込書を受け取ります。

必要事項を記入し、ハローワークで申込み手続きをして、受講申込書に受付印をもらいます。これがないと訓練実施機関に提出ができません。

訓練実施機関の選考を受ける

無条件で職業訓練が受講できるわけではありません。

訓練実施機関で筆記試験や面接試験があるので受けます。

就職支援計画書の交付を受ける

合格通知を受け取ったら、就職支援計画書の交付をハローワークで受けます。

訓練実施日の前日までに交付を受けないといけません。

そして、訓練開始です。