職歴なしコミュ障が長く働きたいなら工場に勤めよう

就職コラム

職歴なしの上に、人とコミュニケーションを取るのが苦手だから、正社員はおろか就職さえも無理だと思っていませんか?

あなたが20代ならまだしも30代・40代であれば、悩んでいるうちに時が経って、就職のチャンスを失いかねません。

それを避けるためには自分に合った職場を探すことが大事。

職歴なしコミュ障でも長く働ける職場はあります。それが、工場です。

今回の記事では、職歴なしコミュ障が長く働きたいなら工場に勤めた方が良い理由について詳しく解説しました。

この記事を読めば、就職は無理だと思っていた職歴なしコミュ障のあなたでも、就職はできるんだという自信が持てるようになりますよ。

職歴なしコミュ障が長く働くのに工場が適している理由

理由は次の4つ。

  • 煩わしい付き合いがない
  • 作業が単調
  • 正社員を目指せる
  • ホワイトカラーよりも職に就きやすい

煩わしい付き合いがない

工場勤務でも仕事での会話や終業後の付き合いが全くゼロということはありません。しかし、ホワイトカラーと比べると圧倒的に少なくて済みます。そもそも、コミュニケーション能力の高い人は多くないので、過剰な心配をする必要はありません。

作業が単調

工場の仕事は、営業のようにクライアントと複雑なコミュニケーションを取ったり、マーケターのように難しい企画を考えることもありません。マニュアル化されているので、職歴なしのような全くの未経験でもすぐに仕事に慣れるくらい単調です。

正社員を目指せる

最初から正社員を募集している求人も有りますが、契約社員の求人でも正社員登用制度があるので、正社員を目指しやすいです。

ホワイトカラーよりも職に就きやすい

工場の仕事は特別な資格は必要ありません。その上に、ホワイトカラーの職に就くような人達は工場の仕事をしたがりません。そのため、オフィスワークの仕事よりも競争倍率は低いです。

工場を志望する際の注意点

注意点は次の5つ。

  • 年齢によって就職のしやすさが異なる
  • 夜勤がある
  • 汗まみれ・汚れる
  • ケガをする人もいる
  • 残業も多少ある

年齢によって就職のしやすさが異なる

これはホワイトカラーの職種でも言えることですが、未経験の仕事は年齢が若いほど需要があります。40代よりも30代、30代よりも20代の方が求められやすいのは仕方ありません。しかし、それを割り引いてもホワイトカラーの職種よりは就職しやすいです。

夜勤がある

会社も健康に配慮したシフトを組んでいるとは思いますが、夜勤があるので、体力に不安のある人は難しいかもしれません。しかし、都心にある工場は夜勤なしのところもあるので、過度に心配する必要はありません。

汗まみれ・汚れる

食品工場は服装が完全フルアーマーの状態になります。だから夏は暑くて大変です。機械系の工場は油を使うので汚れます。潔癖症の人は向きません。

ケガをする人もいる

工場では危ない作業もあります。そのためケガをする人もいますが、マニュアル通りにきちんと行っていれば防ぐことはできます。コミュ障の人はコツコツ型が多いのでその点大丈夫でしょう。

残業も多少ある

工場は機械を操作したりするので、故障してしまうと、作業に遅れが生じてしまいます。そのため、残業も多少あります。月に換算すると、だいたい20~40時間くらいです。

この残業時間を多いと捉えるかは人それぞれですが、ホワイトカラーの職種では40時間以上の残業がある会社もあるので、少ない方だと言えます。

自分の特徴を理解して働くとストレスが少ない

コミュ障を治すという考え方もありですが、自分の特徴を生かして働くのはストレスが少なくて済みます。

コミュ障の人はコツコツと仕事ができるタイプが多いので、工場でも十分にやっていけます。

しかも、家族を養っていける収入を得られるようになります。

現在、日本の平均年収は平成9年は467万円、平成23年は409万円と少し下がっていますが、二極化しているという事情があるため、もう少し低いです。

大手メーカーの工場勤務で、初年度の収入とほぼ変わらないと言ってよいでしょう。

例えば、大卒で働き始めた場合の40代の平均年収は500~800万円なので、中小零細企業のホワイトカラーで働くよりも収入は良いと言えます。

だから、職歴なしコミュ障のあなたは、無理して中小零細企業の低収入のホワイトカラーの職に就くよりは工場で働きましょう。

工場の求人を探せるサイト

工場の求人を探せるサイトは次の7つ。

  • 工場求人ナビ
  • e仕事
  • 工場ワークス
  • ランスタッド
  • お仕事情報ネット
  • ジョブハウス工場
  • ジョブコンプラス

基本的に大きな違いはないので、どのサイトを選んでもよいのですが、一つだけではなくて複数のサイトを併用することをおすすめします。

あるサイトにしか求人を掲載してないこともあるからです。

工場求人ナビ

日総工産が運営する工場・製造業の求人紹介サイトです。日本各地の工場系の仕事を保有しており、日総工産を通じて、派遣、請負、メーカー直接雇用、正社員という形で働くことができます。

e仕事

日研トータルソーシングが運営する工場製造業求人サイトです。全国の工場系の求人があり、日研トータルソーシングを通じて、派遣、請負、紹介予定派遣、職業紹介という形で働くことができます。

工場ワークス

インターワークスが運営する全国の工場求人サイトです。派遣会社が保有している求人をまとめて検索できるので便利です。

ランスタッド

ホワイトカラーの職種の人材紹介で有名ですが、製造、工場、軽作業の求人も多く扱っている人材サービス会社です。転職、派遣という形で働くことができます。

お仕事情報ネット

J’s Factoryが運営する工場、寮、住み込みの求人サイトです。直接応募できるものとハローワークの求人があります。契約社員・派遣社員の求人が多いので、すぐに正社員を目指す人には不向きです。

ジョブハウス工場

Techouseが運営する工場、製造業、メーカーの求人サイトです。派遣会社が保有する求人をまとめて検索できます。

ジョブコンプラス

ディーピーティーが運営するブルーカラーの求人サイトです。主に派遣会社が保有する求人を検索できますが、直接雇用の求人もあります。

人気の記事 【2019年版】20代職歴なしにおすすめの就職エージェント7つ

人気の記事 【2019年版】30代・40代職歴なしが取るべき就職方法