30代・40代職歴なしが取るべき就職方法

就職コラム

30代・40代で職歴のないあなたは、少なからずヤバいと思ってこのページを見ているはずです。

では、そんなあなたに、救いの手はあるのか見ていきましょう。

何歳でも職歴なしで就職できる人はできるが…

よく、職歴なしは何歳までOKなのか気にする人が多いですが、何歳でも職歴なしでも就職している人はいます。

例えば、30代前半で公認会計士の資格を取って監査法人に勤める人もいますし、40代・50代になって弁護士になる人もいます。

これは難関資格に限った話ではなく、資格を持っていなくても就職している人はいます。

ですので、年齢を理由に就職を諦めたり、尻込みするのは間違いです。

ただし、年代によって取るべき就職方法はきちんと考えなくてはなりません。

30代・40代の職歴なしで就職エージェントは使えるか?

職歴なしの人が30代を超えるとガラッと環境が変わります。

どう変わるかというと、悪い方向に変わります。

そうなると、就職エージェントに頼りたくなりますが、実際のところはどうなのでしょうか?

30代以降の人の就職エージェントの対応

フリーター向けの就職エージェントは主に20代を対象としていますが、30代前半であれば、なんとか対応してくれる可能性があります。※ジェイック営業カレッジはNG

就職Shopは30代でも利用できますが、利用者の9割が20代なので、そこは頭に入れておくべきです。

ハローワークを利用する場合は、新卒応援ハローワークではなく、45歳未満の若年者の就職支援をしてくれる、わかものハローワークが対応してくれます。

ハローワークは年齢層・利用層に応じてサービスが分かれているだけなので、使えます!

30代を超えると就職エージェントの利用が難しくなる理由

アメリカであれば、年齢で判断するということはありませんが、ここは日本です。

求人サイトで表向きは年齢で制限をしていなくても、若い人が応募をして来れば、若い人を優先しているというのが現状というのが一つ目の理由です。

これは、就職エージェントでも同じことです。

先に述べたように、フリーター向けの就職エージェントは20代を対象にしているところがほとんどで、登録はできても、紹介できる求人が無いというのが二つ目の理由です。

つまり、無理に求人を紹介してくれと頼むよりも、30代・40代向けの求人があるところを探すことに力を入れた方が有益です。

30代・40代の職歴なしが狙いを定めるべき仕事

30代後半になると選択肢が狭まってきます。

職歴なしから就職しやすい仕事でも紹介していますが、清掃、警備、飲食、工場のライン、ドライバー、介護、訪問販売系の営業は30代後半でも就ける仕事です。

これらの仕事はアルバイト系の求人サイトによく見られます。

30代・40代職歴なしに共通する仕事の探し方

とにかく片っ端から求人を探します。

求人サイト、就職エージェント、派遣、求人誌、ハローワークなど何でも利用できるものは利用します。

自治体の紹介予定派遣や、ハタラクティブハケンは30代でも利用できるのでおすすめです。

注意したいのは、転職エージェントを利用しても意味がないということです。

一部のサイトでは、リクルートエージェントやdodaで30代の職歴なしをサポートしてくれるような記述がありますが、転職エージェントは基本職歴がある人が利用するサービスなので、騙されないでください。

おすすめの就職サービスは?

就活エクスプレス
30〜44歳の非正規雇用経歴がある方で、早期に正社員での就職を目指す方が対象なのでぴったりです。

東京しごと塾
30〜44歳の求職者を対象に職務実習型プログラムを通じて、正規雇用化と職場定着を支援する事業です。

  • 期間は2ヶ月間
  • 就活支援金を1日5000円支給
  • 6週間の課題演習で正社員に必要な心構え・スキルを身に付ける
  • 実習終了から3ヶ月間、就職が決まるまでマッチング支援がある
  • 開講日現在、正社員として就業していない方、直近2年以内における正社員の職歴が合計1年を超えていない方が対象

わかものハローワーク
新卒応援ハローワークの対象外となる既卒3年程度以降から45歳以下の若年層を対象にしているのが、わかものハローワークです。